飲酒運転問題と断酒会


 最近、世論の高まりを受けて、飲酒運転の厳罰化が実現しましたが、
それで問題が解決するわけではありません。それと言うのはアルコール
依存症の問題が背後に存在するからなのです。
 アルコール依存症にかかていると、常に体内にアルコールがはいって
いないと心身の状態が不安定で運転することが難しくなるのです。それで
、「いけない」と分かっていても酒を飲んだ状態でハンドルを握ってしまう
のです。
 私たち断酒会員がかつて断酒会に助けを求めた「酒で死にたくない」、
「家族崩壊だけは防ぎたい」という切実な状況が今、「飲酒運転」という
名のもとにアルコール依存症とその家族に重くのしかかっているのです。
 事故をおこしてからでは取り返しのつかない場合が多いのです。一刻
も早く断酒してアルコール依存症から回復する以外に道はないのです。
 そして、断酒を継続するには、家族も含めて断酒会に入会するのが、
一番の方法です