54回四国断酒ブロック(徳島・阿波)大会実施要領

 

1, 主 催

    公益社団法人 全日本断酒連盟

2,   名 称

    第54回四国断酒ブロック(徳島・阿波)大会

3, 主 管

    NPO法人徳島県断酒会

4,        実行委員長

原 昇平(NPO法人徳島県断酒会理事長)

5,        日 時

令和元年7月14日() 10時〜1530

6,        会 場

アエルワホール(阿波市交流防災拠点施設)阿波市市場町切幡字古田190

TEL.0883-36-8739 FAX.0883-36-8769 
                 徳島自動車道 土成ICより7.6q 約16 
                 駐車場(無料) 470 

 

7  大会テーマ

    「断つ 克つ 生きる」

8、 後 援(予定)

   厚生労働省、徳島県、阿波市、徳島県精神保健福祉協会、NHK徳島放送局、四国放送株式会社、徳島新聞社、朝日新聞徳島総局、毎日新聞徳島支局、読売新聞徳島支局、産経新聞社徳島支局 日本精神科看護協会徳島県支部、社会福祉法人徳島県自殺予防協会、株式会社エフエム徳島、一般社団法人徳島県精神科病院協会、徳島県精神保健福祉士協会、徳島県臨床心理士会、一般社団法人阿波市観光協会

9、参加予定者数

   約650人(うち行政・医療40人、断酒会590人、一般市民20人)  

10,大会の趣旨及び目的

 地域の断酒会員を中心としたイベントで、四国ブロック内での交流を深めるとともに、広く一般市民にも開放し、地域社会に対して酒害啓発を行い、断酒会とその活動に関する理解を深めてもらうことが目的である。ブロック大会と言ってもブロックに閉ざされたものはなく、「徳島県アルコール健康障がい対策推進計画」の策定を受け、行政・医療関係者、一般市民の参加ももとめている。前回北は千葉県から南は沖縄までの参加があった。また、一般市民の参加も年年増加している。

四国ブロックは4県の県連が主管となり、持ち回りで毎年開催している。

 

  臨時の「お酒に関する何でも相談室」コーナーを開設(13001600

  機関誌「おおぼけ」第51号配布

  記念講演:海野順(医療法人社団光風会三光病院長) 

演題「依存症4.0〜回復のコミュニケーション〜」

 ◎ 午前中はブロックの大会とし、午後は一般市民へ開放。

   午後は記念講演、お酒に関する何でも相談コーナー、アルコール障害対策基本法、同推進計画等の広報資料の配布 

☆ アトラクション:阿波おどり(地元連)  ☆地元産品(商工会等)の販売

                           平成31年年420日現在