「地獄を見たければ、アルコール依存症者のいる家族を見よ」などという笑えない話があります。
これは、アルコール依存症は本人だけの病気ではなく、家族全体を巻き込んで苦しめるものであることを端的に表現しています。
本人が病気から回復しなければならないのは勿論ですが、実は家族もまた病気に巻き込まれて影響を受けてきました。そのために家族全体が病んだ関係になっているのです。
 本人が回復への道のりに入っても、家族が病んだままでは本人の回復が進まないばかりか逆戻りしてしまうことすらあります。
 家族もアルコール依存症を正しく理解し、その回復を支援しましょう。
 ともに病気の回復の道を歩み、明るい家庭をつくりましょう。

 
 
 
知らないうちにアルコール依存症者の飲酒を助長しているのです!

・あなたが本人のお酒を責めることが、さらなる飲酒の理由になっているのです。
・あなたが飲酒をやめさせようとすればするほど、逆効果で、本人は飲酒にはしるのです。
・あなたが失敗の尻ぬぐいをし、問題の解決をするかぎり、本人は自分の飲酒問題を認めようとしないのです。
・酒をやめさせよう、行動を監視しよう、酒での失敗を防ごうと干渉しすぎることが、飲酒への欲求を強めるのです。

 
 《飲酒問題に家族はどう対応したらいいのでしょうか?》
NPO徳島県法人断酒会顧問・藍里病院副院長 吉田精次 
  まず、アルコール依存症という病気のことがわからなければ、対応はできません。小言を言い、叱責し、泣いて怒って本人を説教しても効果はありません。 もう十分どのご家族も経験なさっているのではないでしょうか。「依存症というのはもう自分の意志の力で飲酒を止めることができない状態になっている」ということです。自分でなんとかして酒を止めようと思っていても止められない状態になっています。深く反省すればそれで酒が止まる、という段階を越えてしまっているのです。そこを理解しないと本人に飲酒の非をぶつけるだけになってしまいます。
 
  上の図にあるように、本人と家族は2重の巻き込まれ構造に陥っていると考えられます。本人は、自分ではもうコントロールできない酒をなんとかうまくコントロールして飲もうとしますが、うまくいきません。次第、次第に右端にあるようなアルコールによって作られる「依存症人格」に近付いて、さらに対応が難しい人間になっていきます。
家族は「酒を止めさせよう」とあの手この手でやっきになって本人の飲酒をコントロールしようとしますが、怒っても泣いても飲酒は止まりません。「止めろU止めろ」と言えば言うほど本人はかたくなになっていきます。そういうことを繰り返すうちに家族は左下に列記してあるような状態に陥っていきます。この構造が依存症者と家族を苦しめていきます。
では、どうすればいいのでしょうか?
まず、第一には、家族がアルコール依存症という病気について、理解を深めることです。
第二には、そのうえで本人にどういう対応をすれば効果があるのかを知って、実行することです。
一人で悩んでいるとどうしても考えが悲観的になってしまいます。家族会に参加することで閉塞した気持ちに少しは風がとおります。いろんな話を聞くなかで知識と知恵もついてきます。
依存症は本人の自覚が簡単にはできにくい病気です。しかし、家族が依存症の特徴を理解し対応を効果的なものに変えていくことで必ず本人に変化が起こります。簡単ではありませんが、決してあきらめないことです。まずは問題解決のための第一歩を踏み出してみませんか。
 
 
 



本人の回復
 断酒をスタートとして、飲酒によって失った自分自身、人間関係を素直に認め、社会性の回復を図らなければなりません。
 自助グループの中で、断酒を軸とした人間の成長に努めましょう。
 回復とは断酒によりバランスの取れた生活をすることです。自分自身を受け入れ、理解し、自分らしくあることを大切にしましょう。
 夫として、親としての自分を振り返り自分の役割を果たしましょう。

家族個々の回復
 飲酒に振り回された生活の苦しみを忘れることは難しいことです。
 しかし、過去を変えることはできません。
 被害者意識と自己憐憫はあなた自身の変化と成長を妨げます。
 被害者意識も自己憐憫も結局は自己中心の産物なのです。
 過去にとらわれて現在と未来を不幸にするのは惜しいことです。
 アルコール問題に取り組む中で、自分を取り戻しましょう。
 自分の感情、考え、都合などに眼を向け、大切にしましょう。
 本人にもあなたにとっても、究極の目標は幸せになることです。
 子どもたちの願いは両親が仲良く、幸せであることです。

家族全体の回復
 長年、飲酒問題で、互いに傷つけあってきました。
 断酒への取り組みの中で、関係を修復する必要があります。
 家族の中に小さな民主主義を持ち込みましょう。
 それは、家族全員が自由平等な家庭をつくることです。
 互いに自分を表現し、理解し、受け入れ、妥協点を探す作業が必要です。
 家族のきずなを結び直し、家庭としてのまとまりをつくりましょう。
 断酒会で本人も家族も体験談を聞き、語る中で相手を理解し受け入れます。
 みんなたった1回きりの人生を生きています。お互いに大切にしましょう。




家族の誓い
・私は夫(子供・妻)の酒害に巻き込まれて悩み、苦しみました。
・アルコール依存症は家族ぐるみの病気です。
 病気だから治さなければなりません。
 また治すことができます。
・これからは酒害を正しく理解し、互いに協力して心の健康を回復します。
・私は断酒会の皆様とともに、幸せになることを誓います。



この家族会のページは(社)全日本断酒連盟の「家族のためのアルコール教室」を参考に制作しています。



断酒会

 夫は大量飲酒で、胃や肝臓を悪くし入退院の繰返しでした。最後の病名はアルコール依存症でした。
二ヶ月間の入院でした。アルコール依存症と診断された時、他人には言えない、聞かれたらどうしようと悩みました。
 退院が決まった日に、先生が近くに断酒会があるから一度話を聞いてみては、と勧めてくださいました。
断酒会二十周年の会で病院の先生の講演や関係者、酒害者、家族の体験発表などを聞き感動しました。
夫はその場で入会を決意しました。月に三回、四回と参加して体験発表したり、仲間の話を聞いているうちに、少しずつですが、アルコール依存は家族ぐるみの病気であること、病気だから治さなければならないし、また治すことができると理解できるようになりました。
 夫は健康には無関心で、勝手気儘な事ばかりしていましたが、例会を重ねることによって失われていた自分に気付いたのか、毎日ジョギングをしながら自分探しをしているようです。
そのおかげで今日まで断酒を継続しております。寒い寒い冬からやっと春の草や木が芽吹き、
花の咲くのを待っているようなうれしい気分でいられる今日この頃です。
これも断酒会に繋がった事と仲間の皆様に支えられていることに深く感謝しております。


 
 一泊研修に参加して
 
 主人は若い頃よりお酒が好きで、いつの間にやら酒に飲まれるようになって、体調が悪くなり吐血して、何度か入退院を繰り返し、体はボロボロです。もうどうなってもいいと半ばあきらめていましたが、娘がこのままではダメと先輩のYさんのおかげで、昨年七月、断酒会に入会させて頂きました。
 そしてすぐに徳島の一泊研修会に参加して全国の皆さんの体験談を聞いて、思いあたる話ばかりです。
幸い体験をされた方が大勢いる、私一人じゃなかった、そして皆さん立ち直っておられる。
勇気が湧いてきました。この会につながっていれば、皆さんのおかげで断酒できると思いました。
 主人は自分の病気を認めず、例会出席もしませんが、私達家族が、急がず、あきらめないで、夫婦仲良く例会出席を目標に日々努力したいと思います。
 今後ともよろしくお願い致します。
 私と断酒会

 結婚して三十年になります。はじめのころは晩酌でお銚子一本のお酒で充分足りていたですが、いつしかだんだん飲む量も増えてきて悪いお酒にかわってきました。
 夫は飲むと性格が変わります。何に対しても愚痴っぽくなりだんだん暴言をはいてものにあたっていろいろ壊されました。家庭もだんだん壊されていきました。私もお酒は飲めるほうでした。ストレス解消に飲んで楽しむものと思っていたので、夫のようなお酒の飲み方には理解できなかったです。体質的にアルコール分解する酵素が普通の人より少ないと言われながらも飲み続け三十八歳の頃、急性膵炎で入院し、その後慢性膵炎となり、何度も入院したあげく、平成十一年に膵臓の三分の二を切除という大手術をしました。その後二年ぐらいはやめていたのですが、少しずつ飲むようになりいつの間にか以前より量が増え朝も夜も関係なく飲むようになりました。
 この頃から悪夢のような生活が続いたのです。私が仕事から帰ってくるともう既に目がすわっていてフラフラ、会話が会話にならず夫婦ゲンカ、怒りながらコンビニへ買いに走る、当然飲酒運転です。車のキーを隠すと、そういことするからよけいに飲みたくなるんだと口論になり、お金を渡さなかったら、だまって私の財布からぬいて買いに行ったり、息子の部屋に行きビールを黙って飲んだりあらゆる手段を使ってほとんど毎日酒びたりでした。夫は左官業をしています。当然、お酒を飲んで仕事に行くのではできるはずがありません。だんだんやめなければいけない状況になり、「今日、やめてきたぞ」と言われ唖然となりました。この頃、夫の収入は仕事に行く日数がだんだんと少なくなってきていたので、ただでさえ生活が苦しい上、次女が大学にいってたものですから本当に大変でした。義母にイヤごとを言われながらも生活費を助けてもらったり、長男にも出してもらったりその時は、必死でした。夫は知っても知らん顔、誰のせいでこんなに苦しい思いをして毎日必死になっているのにと、はがゆかったです。そしてとうとう肝硬変の一歩手前までになり、これ以上飲み続けると命は一年ももたないと言われ、やっとやめる気持ちになってくれて、藍里病院の吉田先生の所に行き、とにかく「断酒会に行きなさい」と言われ今があります。
 今は本当に断酒会のおかげでおだやかな家庭を取り戻すことができ、夫の仕事も以前勤めていたところからまた来てくれるかいと言われてがんばっています。夫は断酒会に自分からすすんで行ってはくれませんが、できるだけ二人で参加しています。本当に断酒会につながってよかったと心から思います。
 
「私たちの願い」は、本会機関誌「おおぼけ」に投稿された家族の体験談を掲載しています。



全日本断酒連盟 家族の方へ
高知県断酒新生会 家族会
神奈川県断酒連合会 家族会